BLOG ブログ

弁護士ブログ

【事務局ブログ】季節外れの。。。

お久しぶりです(。・ω・)

すっかり寒くなってきましたね。

慌ててコートをクローゼットから取り出して来ました事務局のHです(・∀・)

 

皆様、体調など崩されておりませんでしょうか?

毎週、息子のアレルギー治療で耳鼻科に通院しているのですが、一気に患者さんが増えたような気が済ます。

これからインフルエンザやノロウイルスなど増える時期ですし、手洗い・うがい・マスク、大事ですね(。>ω<)ノ!!

 

さてさて、今回のタイトルになっています「季節外れの。。。」について、さっそく触れていきたいと思います。

 

先日、天気予報を見ていると「黄砂にご注意」と気象予報士の蓬莱さん(蓬莱さん、大好きです♡)が言っておりました。

 

「えっ、こんな時期に黄砂?」とビックリΣ(・艸・○)

 

私が無知なだけかもしれませんが、黄砂は春頃に飛んでくるイメージでした。

ぽかぽかした天気に、遠くの方が黄色く霞んで、「あぁ~春が来たな~(*´∀`*)」と陽気に感じる、私の中で黄砂は、春の風物詩でした。

 

Wikipedia先生によりますと

 

・黄砂自体は、少なくとも数万年前から日本に飛来

・江戸時代頃から、書物に「泥雨」「紅雪」「黄雪」などの黄砂に関する記述が見られるようになった

・俳句の季語として「霾(つちふる・ばい)」、「霾曇(よなぐもり)」、「霾風(ばいふう)」などが用いられている ←春の季語だそうです

 

と書いておりまして、黄砂はずっと昔から日本にやって来ており、俳句の季語としても扱われていたようですね。

 

ただ最近では、黄砂が飛んでくると「春が来たな~」なんて悠長なことを言っていられなくなりました。

アレルギー体質の私の息子は、黄砂やPM2.5の影響で、喘息になってしまいます。

今じゃ私の中で黄砂は、ただの厄介者です!!

 

そんな黄砂が秋にも飛んでくるとな( ゚д゚ )!?

「こりゃいかん!」とすぐに対策を…目の周りも黄砂の影響で真っ赤になってしまうので、外出時はマスクだけでなく、だてメガネをさせて送り出しました。

が、やはり。。。悲しいかな病院にお世話になってしまいました(´つω・`)

 

ほんと厄介です、黄砂!!

 

一説では、東アジア全体での経済的損失は、日本円に換算して毎年7000億円を超えるとされているようなので、黄砂ってあなどれませんよね~(・Д・`)

 

これは国をあげて、黄砂対策に取り掛からないといけないような気がします(・∀・)

(弁護士会の公害・環境委員会も取り上げてくれないかなぁ~?)

 

余談ですが…

今までノーアレルギー人生を送っていた私ですが、ちょっと前から吸入ステロイドのお世話になっております。

ある場所であることをすると咳が止まらなくなるんです…。

詳しくは端折りますが、お医者さんによると職業性アレルギーらしく…。

 

これは事務所としても、従業員(私の)アレルギー対策に本腰を入れて取り掛からないとですね!!

 

なんちゃって(・ω<)!!

2019.11.11 事務局H

カテゴリー

  1. お知らせ
  2. その他
  3. 事務局ブログ
  4. 大阪日日新聞
  5. 法律問題

最新の記事

  1. 【事務局ブログ】お彼岸
  2. 【事務局ブログ】季節感
  3. 【事務局ブログ】ペット(犬)とコロナ
  4. 検察庁法改正に関する日弁連会長声明に対する私見
  5. 大阪日日新聞に連載されました(3)

アーカイブ

  1. 2020年9月
  2. 2020年8月
  3. 2020年5月
  4. 2020年4月
  5. 2020年3月
  6. 2019年12月
  7. 2019年11月
  8. 2019年10月
  9. 2019年9月
  10. 2017年12月
  11. 2017年11月
  12. 2017年10月
  13. 2017年8月
  14. 2017年4月
< /div>

Pagetop