BLOG ブログ

弁護士ブログ

セカンドオピニオンをご希望の方へ(既に他の弁護士に依頼されている方)

セカンドオピニオンをご希望の方へ(既に他の弁護士に依頼されている方)

 

いつも本ウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、「セカンドオピニオン」とは、現在ご依頼いただいている専門家(弁護士)以外の、

別の弁護士が述べる意見のことを言います。

 

たとえば、今の弁護士は、この主張をすべきだ、と言っているが、本当にそうだろうか。

今の弁護士は、この証拠を出すべきだ、と言っているが、本当にそうだろうか。

契約を解除すべきだと言っているが、そうしたほうがいいか。

 

など、一人の弁護士の意見に、疑問に持たれることがあるかもしれません。

そうした場合、別の弁護士の意見を聞いてみよう、これが「セカンドオピニオン」です。

 

多くの方は、弁護士に相談に行くこと自体、非常に稀なことだと感じておられます。

 

そして、多くの方が、「弁護士は敷居が高い」と思っていらっしゃるのも事実。

 

そうであるのに、せっかく依頼した弁護士と、別の弁護士の意見を聞きに行くのは、

失礼に当たる、後で関係が悪くなっては困る、勇気がいる、費用がもったいない、

などの理由で、ためらわれている方もおられます。

 

しかしながら、私の見解としては、

「セカンドオピニオンを聞くことは、積極的に利用すべきである」

と考えております。

 

理由としては、

1 弁護士も間違えることがある

弁護士は専門家ですが、人間ですから、見落としていたり、

大事な裁判例を忘れていたり、間違えることがあります。

たいてい、何かの機会に気付いたり、相談や打ち合わせの中で思い出す

ものですが、中には、気付かないまま、手続が進行していくときがあります。

 

そして、依頼者の方が「何かおかしいのではないかなあ・・・」と感じて

おられるのであれば、その場で、できるだけ早く、率直に伝えてもらったほうが、

弁護士としては助かります。少なくとも、私(弁護士安達悠司)はそうです。

 

また、うまくそれが言い出せない場合や、違和感はあるがなぜか分からないような

場合、別の弁護士に相談することで、意外にあっさりと問題が解決することが

あります。

 

岡(傍)目八目と言って、傍から見ている人の方が、気付きやすいのです。

 

2 別の弁護士に相談することで、安心する

私は、多くのセカンドオピニオンの相談を受けることがありますが、

多くは、弁護士とのコミュニケーションから来る問題であることが、

ほとんどです。

 

ですから、弁護士としては、法律論として、訴訟戦術としては、

何も間違ったことはしておらず、ただ、説明が十分になされていなかったり、

コミュニケーションがうまくいっていない、というだけの問題である

ことがしばしばです。

 

このような場合、セカンドオピニオンを利用していただくことで、

「あ、こういう問題だったんだ」と気付いていただければ、

事態はそれほど悪くないことを改めて認識したり、

あるいは、「弁護士の先生に、意見を言ってもいいんですね。」と

気付いて帰られることもあります。

 

少しの違和感を、早めに気付いて、安心に変える、

というのは非常に大事なことです。

 

3 セカンドオピニオンにも守秘義務があります

また、弁護士には他の人に秘密を漏らさない義務があります。

これは、セカンドオピニオンの場合も当てはまります。

ですから、依頼者の方が、セカンドオピニオンを求めたことが、

いつの間にかその弁護士に伝わるということは決してありません。

なので、セカンドオピニオンを求めても、

それが原因で、関係が悪くなることはありません。

 

4 セカンドオピニオンの費用

セカンドオピニオンも、最初は法律相談です。

ですから、最初にかかるのは、通常の法律相談料と同様です。

 

既に、別の弁護士に、事件を依頼されている場合は、10万円以上、

数十万円、中には百万円以上の費用をかけておられる方もおられます。

 

セカンドオピニオンであっても、相談時間が1時間半であれば、

1万5000円(税別)程度です。

気持ちよく事件を進行させるのに、セカンドオピニオンはどんどん

活用してください。

 

なお、セカンドオピニオンから、弁護士変更に移行することも可能です。

弁護士も人間ですから、相性があります。

 

どんなに素晴らしい弁護士でも、相性が合わない、ということは

あります。

弁護士に依頼して、事件受任となると、半年以上、長ければ

1年以上お付き合いさせていただくことが多いです。

弁護士との相性、コミュニケーションのしやすさは非常に重要です。

 

当事務所は、セカンドオピニオン、弁護士変更のご依頼も

受けておりますので、お気軽にお電話ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

カテゴリー

  1. お知らせ
  2. 法律問題

最新の記事

  1. 新しい事務所スタッフの自己紹介です!
  2. 大阪日日新聞に連載されました!
  3. 泉本宅朗弁護士退所のお知らせ
  4. 年末年始休業のお知らせ
  5. 土地の「境界」の問題はなぜわかりにくいのか

アーカイブ

  1. 2019年9月
  2. 2017年12月
  3. 2017年11月
  4. 2017年10月
  5. 2017年8月
  6. 2017年4月
< /div>

Pagetop