BLOG ブログ

弁護士ブログ

参議院選挙結果を受けまして

皆様 このたび京都府選挙区に立候補しておりました安達法律事務所代表の弁護士安達悠司は、7月10日の投票の結果、皆様から40,500票(得票率3.9%)を投じていただき、当選には至りませんでしたが、これまでご縁のあった皆様より、陰に陽に、ご支援・ご協力を賜わりまして誠にありがとうございます。心より御礼申し上げます。

また、法律事務所の業務は、通常どおり行ってはおりますが、新規のご相談・事件の受任に関しては、既に予約いただいている方を除いては、8月以降になる見通しです。

誠に申し訳ございませんが、何卒ご容赦ください。

参議院選挙の出馬表明について

安達法律事務所の代表弁護士である安達悠司は、令和4年5月31日、「参政党」京都選挙区支部長として、「参政党」事務局長神谷宗幣氏とともに、京都府庁で参議院選挙の出馬表明に関する記者会見を実施し、本日(令和4年6月1日)、京都新聞、毎日新聞、讀賣新聞、産経新聞、朝日新聞の各朝刊に掲載されました。

法律事務所に既に依頼の方につきましては、上記表明は、法律事務とは無関係であり、事件は従前のとおり遂行しております。

他方、今後、新規に事件を相談される方につきましては、基本的には本年7月下旬以降の相談となるか、業務多忙につきお断りしております。

大変申し訳ございませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

憲法十七條についての国体法勉強会(4月1日)

令和4年4月1日は聖徳太子の憲法十七条をテーマに国体法勉強会を開催しました。

日本は太陽の国です。

日本の国を治めるのに最も大切なことは、あまねく照らす太陽のように、皆を恵み和(やわ)し、皆の心を一つにすることです。

これを和(やわらぎ)といいます。

人は皆私利私欲があり、知識も考え方も違うので、群れをつくります。

本当に正しいことでも周囲が理解せずに小党派をつくることもあります。

こうした党派が対立し反発しあうと、国がばらばらになってしまいます。

皆自分こそが正しいと思っているのですが、分断を生んでしまえば、結局は小智、小才、小善でしかありません。

国を治めるには、さらに高次の立場にから、すべての者を恵み和し、包容同化することが必要です。

これは大変難しいことですが、皆を和らげ、睦まじくする、そして皆の心を一つにする、これが本当の大智、大才、大善なのです。

そのような大きな理想を抱く国を和(やわらぎ)の国、大和の国といいます。

皆の心を一つにすれば、国として、どんな困難や難局も立ち向かい、乗り越えてゆくことができます。

日本は、太陽の国です。

太陽のように皆を恵み和し、皆の心を一つにするという、非常に大きな理想が、和(やわらぎ)であり、これが我が国の統治の基本精神なのです。

様々な文献を調べた結果、第1条を、上記のように解釈いたしました。

なお、小野清一郎博士(刑法学)は憲法十七條の「和」を我が国の倫理的基礎であり「心を一つにする」との意味に解釈されています。

保護中: 国体法勉強会

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 国防勉強会

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

1 / 612345...最後 »

カテゴリー

  1. お知らせ
  2. その他
  3. 大阪日日新聞
  4. 法律問題

最新の記事

  1. 参議院選挙結果を受けまして
  2. 参議院選挙の出馬表明について
  3. 憲法十七條についての国体法勉強会(4月1日)
  4. 国体法勉強会
  5. 国防勉強会

アーカイブ

  1. 2022年7月
  2. 2022年6月
  3. 2022年4月
  4. 2022年3月
  5. 2022年2月
  6. 2022年1月
  7. 2021年12月
  8. 2021年6月
  9. 2021年2月
  10. 2021年1月
  11. 2020年11月
  12. 2020年10月
  13. 2020年5月
  14. 2020年4月
  15. 2019年10月
  16. 2019年9月
  17. 2017年12月
  18. 2017年11月
  19. 2017年10月
  20. 2017年8月
  21. 2017年4月
< /div>

Pagetop