BLOG ブログ

弁護士ブログ

【事務局ブログ】お彼岸

お疲れ様です!!

ここ最近、少しずつ涼しくなって過ごしやすい日々です。
前回のブログでは、近年はなかなか秋らしさを感じない(いつまでも暑い)とお話ししましたが、今年は「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉通りになりそうな気がして、ちょっぴりワクワクしております( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

そうです。
本日9/19から「彼岸入り」です!!

今年の秋のお彼岸は
彼岸入り:9月19日(土)
秋分の日:9月22日(火)
彼岸明け:9月25日(金)
となっております。

なんですが…
そもそもお彼岸とは何なのでしょうか?
私自身よく分かっていないのですが、「お墓参りする日」くらいの認識で、とりあえずお墓参りに行っております。

とういうわけで、今回はそんなお彼岸について迫ってみたいと思います(๑•ㅂ•)و✧

ご存知の通り、お彼岸は年2回あります。
春分の日・秋分の日を中日として前後3日間、それぞれ合計7日間がお彼岸にあたります。

例年、
春分の日(春分日)は3月20~21日頃
秋分の日(秋分日)は9月22~24日頃
となっており、国立天文台が毎年2月の第1平日に発行する官報での公表をもって、翌年の春分の日・秋分の日(国民の祝日)を正式に定めているそうです。

他の祝日と違って、春分・秋分については、法律で具体的に月日が明記されてはいないとのことです。恥ずかしながら、私は今回初めて知りました…( ˙▿˙ ; )
(私と同じようにあまりご存じでない方は、国立天文台HP「よくある質問」の中に詳しく書かれておりますので、ぜひ御参照ください。)

ちなみに、内閣府のHPによると(「国民の祝日に関する法律」に定められた国民の祝日)、それぞれ次のように定められておりました。

春分の日:自然をたたえ、生物をいつくしむ
秋分の日:祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ

こちらもお恥ずかしい限りですが、そんな意味があったのかと初めて知りました…( ˙▿˙ ; )

さて、お彼岸の期間が分かったところで…
次は、お彼岸の歴史について少し調べてみました(๑•ㅂ•)و✧

『日本後紀』の延暦25年(806年)に「毎年春分と秋分を中心とした前後7日間、崇道天皇(早良親王)のために転読させた」と記されているのが、お彼岸の最古の記録と言われているそうです。
つまりお彼岸は、1200年前の平安時代から続いている行事とういうことになるんですね~!!

お彼岸の由来は
・浄土思想である「極楽浄土」は西方にある
・昼と夜、東西が平行になるお彼岸の時期には、「あの世」へのゲートが開く
・太陽が真西に沈むことから「はるか西方にある浄土に通じる」
という、つまり仏教的な教えから、ご先祖様を供養し、お墓参りをするという習慣がはぐくまれていったとのことです。

しかし…
春分・秋分の日にお墓参りをする習慣があるのは日本だけらしく、他の仏教国にはこのような習慣はないとのことですΣ(・艸・○)

上記のことから民俗学では
・日本古来の土俗的な太陽信仰や祖霊信仰が起源だろうと推定されている
・豊作を太陽に祈願する太陽信仰の言葉の「日の願い」が、「日願(ひがん)」として、仏教語の「彼岸」と後から結びついた
と考えられているそうです。

う~ん…なんとも奥が深い!!
そして日本だけの風習というのがなんだか良いですよね~( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

さてさて、お彼岸のお供えものといえば、おはぎとぼたもち!!
(私の嫌いな食べ物第1位が小豆なので、私はあまり馴染みがないのですが…( ˙▿˙ ; ))

同じものなのに、呼び名が違うのは
・牡丹(ぼたん)は春に咲くから「牡丹餅」
・萩(はぎ)の花は秋に咲くから秋の彼岸は「お萩」
と季節の花の名前から由来しているとのことです(※諸説あり)。

また、
・秋は、収穫したばかりの小豆を使い、皮が柔らかく食べられることから「つぶあん」
・春は、一冬越した小豆の皮が硬いため、皮を除いた「こしあん」
といった小豆の収穫時期の違いから、小豆の使用方法が違うようです。

長くなってしまいましたが…
今回調べてみて、古くから日本人には、太陽信仰や先祖崇拝といった信仰が備わっていたんだな~と。
素敵ですね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

今回のお彼岸では、ただお墓参りをするのではなく、季節の移ろいやご先祖様に思いを馳せて過ごしたいと思います(๑>◡<๑)!! というわけで…当事務所は9/19~9/22までお休みとなっております。 次の営業は9/23(水)となります。 ご不便をお掛けしますが、ご了承の程よろしくお願い申し上げます。 令和2年9月18日 事務局H

【事務局ブログ】季節感

お久しぶりです!!

前回のブログから気がつけば3カ月以上も経っていました…|ω・`)チラッ

皆様、お元気でしょうか?

例年に比べて梅雨が長かったこともあり
「今年はそんなに暑くないな~」と思っていたのも束の間・・・
8月になってから連日の猛暑、猛暑!!

今年はコロナ禍のせいで夏でもマスク必須のため、マスクをしていた部分がピリピリして痛かったです…(´;ω;`)

相も変わらずまだまだ暑いのですが
先日、挨拶状を作成する際に思ったことがありましたので、本日のブログでは「季節感」について書いてみたいと思います。

8月の下旬になると、時候の挨拶に
「秋暑の候 暑さのなかにも秋の気配を感じはじめた今日この頃」
というようなフレーズを使うようになるかと思いますが、
「現代においてもこれは通用するのか?」と、ふと思ってしまいました。

だって…
秋の気配を全く感じないんですもの(⊙ө⊙)!!

8/31現在は、暦の上では「立秋」が過ぎ、暑さも止まると言われる「処暑」にあたりますが、近年は9月も10月も暑い日が続いたりしていますよね…?

そのせいか、「秋を感じないまま急に寒くなり、冬到来!!」が最近のパターンな気がします。

余談ですが、私は季節の中で秋が1番大好きです!!
その理由は、「ファッションの中で秋が1番オシャレ(だと思っている)!!」だからです(๑•ㅂ•)و✧

アパレルの販売員をしていたことも影響していると思うのですが、お盆を過ぎると少しずつ秋服にシフトチェンジしていきます。
例えば、
・ビビットなカラーは着ない
・サンダルを辞める
・ブーツを取り入れる
などなど。

10年くらい前までは、8月の終わりから秋服を取り入れても何の違和感もない季節感だった記憶です。
まさに、暦に沿った通りに季節が進んでいたイメージです。

しかし、現在でそれをしてしまうと、「オシャレさん」ではなく、暑い日に蒸れるブーツを履くただの「痛い人」になってしまいそうで、とてもじゃないですけど、まだまだ履けません…(゚Д゚;)

本当にいつまでも暑くて…秋服を着る出番がほとんどなく冬が来てしまいます。
ですから最近では、秋服をほとんど買わなくなってしまい、オシャレを楽しむ機会も減りました…。

冒頭のお話に戻りますが
季節感(秋の気配)も全くないのに、8月の下旬だからと
「秋暑の候 暑さのなかにも秋の気配を感じはじめた今日この頃」
と例によって使用していいものか…ファッションと一緒で現代に合った言葉を選んだ方がいいのではないか?…と、一人悶々としてしまったのです…( ˙▿˙ ; )

そのことを所長にお話しすると
「朝晩は涼しくなって秋を感じるよ!」
とのことでしたので、もしかするとマンション暮らし&窓締め切りクーラー生活の私だけ秋の気配を感じられていないのかもですが…( ˙▿˙ ; )

けれど先日、犬の散歩を兼ねて、ゆっくり夕方の御苑を歩いた際に、ツクツクボウシ(秋の季語:つくつく法師)が鳴いておりました。

「あぁ、夏が終わるんだな~」と、しみじみ。

心にゆとりを持ち、目や耳を自然に向ければ、秋の気配を感じられるのかもしれませんね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

空を見上げると、まだまだ元気に入道雲がモクモクしております。
この入道雲が見られるのもあと少しかな?と思いながら、少しずつ訪れている秋を楽しみに待ちたいと思います!!

最後に…
当事務所は本日も元気に営業しております٩(ˊᗜˋ*)و

営業時間は通常通り
9:30~12:00(12:00から13:00はお昼休憩)
13:00~17:30
となっております。
お困りごとがあれば、お気軽にご相談ください!!

令和2年8月31日 事務局H

【事務局ブログ】ペット(犬)とコロナ

お疲れ様です!!

 

京都市内、一気に暑くなってきました。

私は夏生まれなのですが、暑いのが苦手で…早くもバテ気味です(ω.)

 

皆様は暑さバテしておりませんか?

 

事務所の前にある公園では、子どもたちが半袖で元気に遊んでいる姿を見かけます。

(自粛警察の方、出動しないでくださいね(人・)

 

こんな世の中ですので、元気な子どもたちの姿に頼もしさを感じます!!

(暑い暑いと愚痴っている私と比べると余計に笑)

 

 

 

さて今回のブログは、前回予告したとおり、わんこ(犬)について書きたいと思います。

 

 

イギリスのことわざに

「子供が生まれたら犬を飼いなさい」というのがあるのをご存じですか?

 

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼少期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

 

と、詩とも呼べるこのことわざ。

これに感銘を受けた私の父の考えで、私は小さい頃からわんこがいる生活を送っています。

その影響か、大のわんこ好き(もっと言えば動物好き)に成長しまして、現在も11歳になるMダックスと一緒に生活していています。

 

最近は年齢的なこともあり、寝ている時間が多くなってきていますが、それでも私の8歳の息子のよき遊び相手、時には慰め係にまでになってくれており、頼もしい限りです。

そして何より、癒し係として私たち家族にとって無くてはならない存在です。

 

そんな我が家の功労者に、何か日頃の感謝を…と考えていた時に、所長のお知り合いの方が、ワンちゃんネコちゃん用のジビエ専門フードショップをされていると伺ったので、さっそく購入してみました。

 

好き嫌いが多い子なので、食べるかな~?と心配しましたが…

びっくりするほど食いつきが良い!!

 

最初こそずっと匂いを嗅いでなかなか食べようとはしなかったのですが、一口食べてみると…美味しかったのかな?ジビエのおやつが入っている缶々の前で、もっと頂戴アピール♪

すっかりはまったようです╰(*´`*)╯

 

わんこと言えど大切な家族ですから、なるべく添加物が入っていないものを与えたくて日頃から食事には気を使っています。

 

きっかけは、ある獣医さんのお話。

「ドックフードは毎回味が違う。つまり、何が入っているか分からない」

 

衝撃的な事実ですよね!?

(獣医さんが食べていたことにもビックリしましたけど…Σ(・艸・○)

 

 

今回購入したこちらのジビエは、人の食卓に並ぶジビエ肉と同じ工房で同じ個体から取り分けたお肉だそうで、とても安心して与えることができました。

 

リンク貼っておきますので気になった方はこちらからどうぞ(*´)ノ♡

京丹波自然工房

https://www.kyotogibier.com/

 

今回はドライタイプのおやつを購入したのですが、うちのコは“鹿ドライジャーキー”とプレゼントとして付属されていた“鹿ドライミンチ”が特にお気に入りのようでした(*≧∀≦*)

 

これから夏を迎えると暑さで食欲が減退してしまいますので、次回は生肉タイプを買ってみようかなと考えています(。・ω)

 

 

 

最後に気になるペット情報を…

現在のコロナ禍において、ペットの需要がにわかに増えているという記事を目にしました。

 

ニューヨーク市の動物保護団体によれば、協力先のシェルターに保護されていた犬・猫の引き取り申し込みが最大で10倍に増え、シェルターからほとんどいなくなったそうです。

 

日本でも少し前に、小中学校の休校が続く中、『新型コロナウイルスの影響でペットを飼う人が増えている』という情報をメディアが流していました。

販売頭数などの数字が出ているわけではないので、真偽は分からないですが…。

 

 

ペットを飼うということは何かと責任が伴いますので

・新型コロナウイルスが終息したあとも、きちんと面倒を見られるのか?

・最期までしっかりと飼い主としての責任を果たせるのか?

ペットを飼う前に、しっかりと考えたうえで、家族として迎え入れて欲しいなと感じました。

 

令和2年5月14日 事務局H

 

検察庁法改正に関する日弁連会長声明に対する私見

R020511日弁連会長声明に対する私見_R020512

検察庁法改正に関する日弁連会長声明に対する私見

 

1 日弁連会長声明の要旨

日弁連は、令和2年5月11日付の「改めて検察庁法の一部改正に反対する会長声明」において、次のとおり述べ、検察庁法の改正に反対している。

「当連合会は、検察官の65歳までの定年延長や役職定年の設定自体について反対するものではないが、内閣ないし法務大臣の裁量により役職延長や勤務延長が行われることにより、不偏不党を貫いた職務遂行が求められる検察の独立性が侵害されることを強く危惧する。『準司法官』である検察官の政治的中立性が脅かされれば、憲法の基本原則である三権分立を揺るがすおそれさえあり、到底看過できない。少なくとも当該法案部分は削除されるべきである。」

要するに、日弁連は、内閣ないし法務大臣の「裁量」によって定年後の役職延長や勤務延長がなされる「危惧」を理由に、制度自体に反対している。

2 検察官に対し、内閣及び法務大臣の人事権等が既に存在すること

検察官は、捜査及び起訴等の強大な権限を有し司法的役割を果たしているが、裁判所のような司法機関そのものではなく、あくまで法務省に属する行政機関である。日弁連も検察官を「準司法官」と述べている。

現に、現行の検察庁法は、検察官が法務大臣の指揮監督下にあり、法務大臣が検察官の任命、叙級、検察官適格審査会に対する請求、罷免、剰員検察官の処遇その他の人事権を有することを定めている。ただし、検事総長・次席検事・検事長の任免権限は、内閣に帰属する。

【内閣の検察官に対する権限】

・検事総長、次長検事及び各検事長の任免(15条1項)

【法務大臣の検察官に対する権限】

(任命)

・検事長、検事及び副検事の任命(16条1項)

・一級及び二級検察官の叙級(18条及び19条)

(罷免)

・検察官適格審査会に対する請求(23条2項2号)

・検察官適格審査会の議決を相当と認める場合、検事総長、次長検事及び各検事長に対する罷免の勧告または検事長、検事及び副検事の罷免(23条3項)

(その他人事権)

・高等検察庁又は地方検察庁の支部勤務の命令(17条)

・検事長、検事又は副検事が検察庁の廃止その他の事由に因り剰員となった場合、その検事長、検事又は副検事に俸給の半額を給して欠位を待たせる(24条)

(指揮監督権)

・検察官に対する一般の指揮監督(13条2項)

・個々の事件の取調又は処分に関し、検事総長に対する指揮監督(13条2項)

・検察庁の事務章程の制定(32条)

したがって、検察官の人事に関する終局的権限は、内閣及び法務大臣に属しており、定年後の役職延長・勤務延長に関しても、この制度を設けるとすれば、その終局的権限は当然に内閣及び法務大臣に帰属すべき問題である。

3 定年後の役職延長・勤務延長の制度の必要性

他の国家公務員一般については、定年後の役職延長・勤務延長の制度が既に存在する(国家公務員法81条の3)。

そこで問題は、①検察官について、定年後の役職延長・勤務延長の制度が必要あるか、②検察官について定年後の役職延長・勤務延長の制度を設ける場合に、誰がどのように判断する制度設計にすべきか、である。

①の検察官の定年後の役職延長・勤務延長制度の必要性について、まずは、必要性に関する具体的な議論がなされるべきであるが、日弁連の会長声明は、具体的な理由を述べることなく否定している。検察官は捜査・起訴権限を有し、事案の終結まで年単位の期間を要する事案が多く、特に重大事件において長期化する例もしばしば見受けられ、特段の事情がある場合に役職延長や勤務延長制度を設けておくべき必要性自体を否定する論拠は乏しいと思われる。

②の制度設計についても、日弁連の会長声明は何も述べていない。任命・叙級・剰員の待遇等の人事権限が基本的に法務大臣に帰属することを踏まえると、法務大臣に権限を帰属させることが合理的である。また、改正案では法務大臣が準則を作成し、これを踏まえて延長の判断を行うこととなっているが、この制度設計自体も直ちに不合理とは言えない。

4 日弁連の「危惧」は抽象的であり、運用の問題に過ぎないこと

日弁連は、上記①②について具体的な理由を指摘することなく、抽象的一般的に、役職延長・勤務延長制度ができた場合に、内閣や法務大臣の「裁量」によって検察官の独立性侵害ひいては三権分立違反となることを危惧し、制度創設そのものに反対している。

しかし、検察官は法務省の特別機関であり、法務大臣は既に検察官に対する任命・叙級・検察官適格審査会に対する請求・罷免等の人事権・指揮監督権限(内閣は検事総長等の任免権限)を有しており、検察官に対し、内閣や法務大臣の「裁量」を前提とする制度が現に存在して機能している。今回、定年後の1年間・最長3年間の役職延長・勤務延長について、内閣や法務大臣の「裁量」の存在だけを理由に、制度そのものに反対するのは具体的論拠が乏しい。

また、日弁連が指摘する「検察官の独立性侵害」「三権分立違反」は、日弁連が述べているとおり、あくまで「危惧」にすぎず、法改正後の運用や個々の事案における裁量の問題であり、法改正によって発生する具体的な弊害や影響とは区別しなければならない。ましてや、今回の改正案では法務大臣が準則を作成し、準則に基づく延長の判断が行われるものであり、尚更恣意的な裁量行使がされるおそれは低い。

運用についての抽象的な「危惧」は、いかなる法律制定や法改正に対しても言えることであり、法改正そのものに反対するほどの強い論拠ではない。

運用についての抽象的な「危惧」だけを理由に、必要性や制度設計に関する議論を一切することなく、改正自体に反対するのは拙速であり、論理に飛躍がある。

5 今回の会長声明が政治的公平性・中立性を損なうおそれ

日弁連は、全国の弁護士会及び弁護士が強制的に登録している団体であり、特定の法律案に対して意見を述べるのであれば、法律専門家として、法案に対する法律上の問題点を具体的かつ客観的に検討・指摘すべきであって、いやしくも政治的公平性を損なうことのないように配慮しなければならない。

検察庁法改正案について、運用上の懸念を示すにとどまらず、改正そのものについて明確な反対意見を述べるならば、相応の法律上の根拠を示すべきであるが、今回の会長声明においてそれがなされているとは言えない。

今回のような拙速かつ論拠に乏しい会長声明の濫発は、日弁連の会長声明が、政治的・恣意的になされているのではないかとの疑念を抱きかねず、日弁連自体の政治的公平性・中立性を損なうおそれが高い。

以上より、頭書の日弁連会長声明に反対する。

以上

令和2年5月12日

弁護士 安達悠司

R020511日弁連会長声明に対する私見_R020512

大阪日日新聞に連載されました(3)

4月24日の大阪日日新聞に、当事務所弁護士作成の、以下の記事が掲載されましたので、お知らせします。

大阪日日新聞R020424

 

こちら街角弁護士相談室

 

【質問】

母の銀行預金を引き出そうと思いますが、母は高齢で認知症の症状が出ています。このような場合、家庭裁判所で、成年後見人を選任したほうがよいのでしょうか。

 

【お答え】

病気や障害等により判断能力が失われたり、判断能力に不安がある人の行為を支援するために、成年後見、保佐、補助という3つの制度があります。家庭裁判所によって、成年後見人・保佐人・補助人のいずれかが選任されると、本人に代わって銀行預金の引出し・解約や、財産の処分、契約の締結等ができるようになります。

 

しかしながら、認知症であるからといって、必ずしも成年後見の制度を利用しなければならないわけではありません。本人に判断能力が残っている場合は、自ら銀行に赴いたり、委任状を作成して預金の引出しを行うことも可能です。

 

ただし、成年後見の制度を利用せずに、他人が関与して預金を引き出した場合、認知症の症状によっては、預金の引出し行為自体が無効とされ、後々トラブルになるおそれがあります。

 

また、一般の人が、本人の判断能力があるかどうかを見極めること自体、困難な場合が少なくありません。

 

他方で、いったん成年後見の制度を利用すると、後見人等に選任された方は、本人の財産を適正に管理し、毎年報告書を提出する義務や責任が生じます。

 

成年後見の制度を利用したほうがよいかどうかは、事案ごとに変わりますので、まずは弁護士に相談してみることが一番でしょう。

 

 

 

安達悠司(安達法律事務所・京都弁護士会所属)

1 / 612345...最後 »

カテゴリー

  1. お知らせ
  2. その他
  3. 事務局ブログ
  4. 大阪日日新聞
  5. 法律問題

最新の記事

  1. 【事務局ブログ】お彼岸
  2. 【事務局ブログ】季節感
  3. 【事務局ブログ】ペット(犬)とコロナ
  4. 検察庁法改正に関する日弁連会長声明に対する私見
  5. 大阪日日新聞に連載されました(3)

アーカイブ

  1. 2020年9月
  2. 2020年8月
  3. 2020年5月
  4. 2020年4月
  5. 2020年3月
  6. 2019年12月
  7. 2019年11月
  8. 2019年10月
  9. 2019年9月
  10. 2017年12月
  11. 2017年11月
  12. 2017年10月
  13. 2017年8月
  14. 2017年4月
< /div>

Pagetop